母親の孤立防げ 曽於市が10月開始から支援事業

(2017 08/18 20:00)
ボランティア(左)が母親(中央)の子育ての悩みを聞くホームスタート事業=都城市(りんごの木提供)
 曽於市は未就学児がいる親の悩みや不安にボランティアが耳を傾ける家庭訪問型子育て支援の補助事業を始める。周囲に相談できる人がいない親の孤立を防ぐ。10月開始を予定しており、今月24日からボランティアの養成を始める。
 「ホームスタート」と呼ばれる支援で、子育て経験者が自宅を訪問して話を聞き、いっしょに離乳食を作るなどして寄り添う。都城市で同様の支援をしている市民団体「りんごの木」が事業を担う。
(記事全文は19日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース