宮城全共 鹿児島が9区中4区制す

(2017 09/10 19:40)
1区(若雄)で1席を取った鹿児島県肉用牛改良研究所の「金華勝」=10日、仙台市の夢メッセみやぎ
 仙台市で開催されている第11回全国和牛能力共進会(全共)は10日、特別区を除く九つの審査区の結果が出そろい、鹿児島県は四つの区で1席となった。出品した全ての牛が上位6席に入賞しており、関係者によると、各区の成績などを総合した団体でも1位の可能性が高い。
 団体賞は2007年の鳥取全共で設けられ、宮崎県が2連覇している。宮崎は三つの区で1席だった。
 鹿児島県は肉牛の部(9区)で35年ぶりに1席が出た。
 鹿児島の成績は次の通り。
 1区(若雄) 1席、6席▽2区(若雌の1) 3席、4席▽3区(若雌の2) 1席、5席▽4区(系統雌牛群) 3席▽5区(繁殖雌牛群) 2席▽6区(高等登録群) 1席▽7区(総合評価群) 5席▽8区(若雄後代検定群) 2席▽9区(去勢肥育牛)1席、4席

フォトニュース