日本一鹿児島牛 笑顔の凱旋 5年後は“ホーム” 決意新た

(2017 09/13 23:30)
祝福を受ける全国和牛能力共進会の肝付地区出品者=鹿屋市田崎町
 第11回全国和牛能力共進会(全共)で総合1位の団体賞を獲得した鹿児島県の代表牛や出品者が13日、開催地の仙台市から地元に帰り着いた。念願の日本一を果たした“チーム鹿児島”を、住民や関係者は拍手で祝福し、出品者らは次回2022年の鹿児島大会に向け決意を新たにした。
 往路と同じ北陸経由で1700キロ、2泊3日の行程で戻ってきた。肝付地区の牛と生産者は13日朝、約200人が見守る中、鹿屋市の肝属中央家畜市場に凱旋(がいせん)した。地区からは過去最多の13頭が出品された。35年ぶりに肉牛の部で1席となった9区(去勢肥育牛)の薬師成人さん(41)=鹿屋市=は「JAをはじめ関係者のおかげ。5年後に向け、一日一日努力していきたい」と力を込めた。
祝福の花束を受け取る前田格男さん(左)=湧水町役場吉松庁舎前
(記事全文は14日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース