牛肉の台湾向け輸出解禁、スターゼン阿久根工場で出発式

(2017 10/03 06:30)
関係者に見送られ出発する台湾向け牛肉を積んだトラック=2日、阿久根市
 日本産牛肉の台湾向け輸出の解禁を受け、阿久根市のスターゼンミートプロセッサー阿久根工場で2日、出発式があった。同社からの台湾向け牛肉輸出は初めて。
 出発式には県北薩地域振興局、阿久根市、JAいずみなどの関係者が出席。茂原馨社長が「全国和牛能力共進会で“日本一”となり、台湾でも鹿児島の和牛への関心が高く、多くの受注があった。今後もより良質な和牛を輸出したい」とあいさつ。牛肉を積んだトラックを拍手で見送った。
(記事全文は3日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース