今年の一皿に「鶏むね肉料理」 鹿児島県生産者ら代表受賞 民間選定

(2017/12/05 06:30)
鶏むね肉料理(ぐるなび総研提供)
 食に関する調査・研究をする「ぐるなび総研」(東京)は4日、2017年の世相を最も反映した料理「今年の一皿」に、「鶏むね肉料理」を選んだ。都内であった記者発表会で、鶏肉の生産が盛んな縁で鹿児島県の三反園訓知事らが代表で賞を受けた。
 選定理由によると、高齢化や健康志向の高まりで、鶏むね肉の高タンパク・低脂肪な特性が注目されるようになった。今年はサラダ具材としても広く活用されたという。

「今年の一皿」の賞を受ける北野良夫ナンチク専務(左から2人目)と三反園訓鹿児島県知事(同3人目)=都内のホテル
(記事全文は5日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース

広告