米国へ焼酎売り込め 鹿児島市でジェトロセミナー

(2017/12/08 06:30)
米国への焼酎輸出の可能性について講演する西本敬一ジェトロ・ロサンゼルス事務所長=鹿児島市の鹿児島サンロイヤルホテル
 アメリカへの焼酎輸出促進を考えるセミナーが7日、鹿児島市の鹿児島サンロイヤルホテルであり、製造関係者ら約80人が参加した。知名度向上の可能性を探った。
 日本貿易振興機構(ジェトロ)鹿児島貿易情報センターと県酒造組合が開いた。西本敬一ジェトロ・ロサンゼルス事務所長(52)が「米国焼酎ブーム創出プロジェクト-世界の“Shochu(しょうちゅう)”を目指して」と題し講演した。
 県酒造組合の乾眞一郎副会長(奄美支部長)は「黒糖、芋とも鹿児島産焼酎の輸出促進に目を向けるきっかけにしたい」と話した。
(記事全文は8日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース

広告