自治会対抗でなんこ交流 曽於・笠木

(2017 02/15 22:00)
なんこを楽しむ笠木校区の住民ら=曽於市大隅
 曽於市大隅の笠木校区で11日、自治会対抗のなんこ大会が開かれた。代表3人ずつ18チームの団体戦で、幅広い世代の住民が熱戦を繰り広げた。
 同校区の生涯学習まちづくり推進大会に合わせて開催した。住民約200人が集まる機会に、親睦を深めようと開催。校区内の14自治会と女性部や来賓チームなどが参加し、トーナメント方式で対戦した。
 同校区公民館の幸田康則館長(70)は「みんなが勝ち負けに一喜一憂して盛り上がった。子どもたちも見ていたので、次の世代につなげていきたい」と話した。
(記事全文は16日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)