アートなお祭り楽しむ 鹿児島市・中央公園

(2017 02/23 13:00)
フェイスペイントを楽しむ親子連れ=鹿児島市中央公園
 鹿児島県内のアート作家や芸術系の学生が集う「かごしまアートフェスティバル」が19日、鹿児島市中央公園で初めて開かれた。85の個人・団体が出展し、訪れた人も体験を通じて交流を楽しんだ。
 同市の鹿児島キャリアデザイン専門学校が「作家同士が交流するお祭りの場に」と開催。来場者は会場に設けられたイラストやアクセサリー、映像などのブースを、お祭りの出店をのぞくように訪ね歩いた。
 ボディペイントを手掛けるイラストレーターLay(レイ)さんのブースには親子連れが訪れ、子どもの顔をかわいい犬や猫に変身させた。
(記事全文は23日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)