祈りの姿一堂に 「かごしまの仏」展開幕 鹿児島市黎明館

(2017 09/28 23:00)
巧みな技で作られた仏像に見入る来場者ら=鹿児島市の黎明館
 黎明館企画特別展「かごしまの仏たち-守り伝える祈りの造形(かたち)」(同館、南日本新聞社など主催)が28日、鹿児島市の同館で開幕した。明治初めに激しい廃仏毀釈(きしゃく)が行われた鹿児島県内各地で、ひっそりと守られてきた像など約100点を展示する。11月5日まで。
 一般800円、高大生500円、中学生以下・障害者無料。10月7日午後1時半から、籔内佐斗司・東京芸術大学大学院教授による記念講演会「絵解き ほとけの世界とその造形」もある(無料)。黎明館=099(222)5100。
(記事全文は29日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース