阿久根・9運動会で「華の50歳組」 卒業生310人、在校生とリレー対決

(2017 10/02 20:15)
母校の校庭を力強く走る「児童」ら=1日、阿久根市の阿久根小学校
 阿久根市内の全9小学校で1日に開かれた運動会で、恒例の「華の50歳組」があった。全国各地から帰省者を含む310人が参加。卒業生らは母校の土を踏み健脚を競った。前日には歓迎会もあり、旧交を温めた。
 1951(昭和26)年から始まった50歳組“発祥の地”である阿久根小学校では、80年3月の卒業生200人のうち120人が参加した。実行委員長の宮元武司さんは「参加できなかった同級生の分も感謝の気持ちで走る」とあいさつ。当時の担任らが見守る中、在校生とリレー対決を繰り広げた。
(記事全文は3日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース