平和への思い 五感で感じて 枕崎・東さん夫妻、南溟館で作品展

(2017 10/11 20:00)
平和を願い描いた壁画の習作と東慎一郎さん、かおりさん夫妻=枕崎市の南溟館
 世界各国で平和の壁画を描き続ける枕崎市の画家、東慎一郎さん(47)、かおりさん(36)夫妻の「平和の壁画~これまでとこれから展」が11日、同市の南溟館で始まった。「平和への思いを伝えたい」と花を運ぶ平和の象徴・ハトをモチーフに手掛けた壁画の習作や、現地の制作風景をとらえた写真など60点が並ぶ。15日まで。
 東さんはラ・サール中学、高校の元美術講師。2014年春、通信社の記者として中東を拠点に活動する教え子を訪ねたのがきっかけで、壁画の制作を始めた。エジプトを皮切りに、世界各国で建物や塀に絵を描き、今年5月、目標とした10カ国目の作品を沖縄に完成させた。
(記事全文は12日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース