桜開花 鹿児島市は4月1日 日本気象協会予想

(2017 03/22 22:30)
まだつぼみが固い甲突川河畔の桜=鹿児島市高麗町
 東京都心で21日、一足先に桜(ソメイヨシノ)が開花した。日本気象協会が22日発表した開花予想によると、鹿児島市は4月1日、満開は10日で、いずれも平年より6日遅い。花の芽が目覚める「休眠打破」が不十分だったのが理由だ。
 同協会によると、昨年11~12月、西日本を中心に平年より気温が高く、花の芽が低温にさらされて目覚める「休眠打破」がスムーズに進まなかった。
 県内は23日から向こう1週間、寒気の影響で気温が平年を下回る日が多いとみられ、開花はさらに遅れる可能性がある。
(記事全文は23日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)