臭い強烈、ゾウコンニャク開花 指宿・フラワーパークかごしま

(2017 05/28 13:00)
独特の形と臭いで来園者の目を引くゾウコンニャクの花=27日、指宿市のフラワーパークかごしま
 指宿市のフラワーパークかごしまで、独特の臭いを放つゾウコンニャクの花が昨年に続いて咲いた。同園によると、国内で2年連続の開花は珍しいという。花軸に梅干しのような付属体が膨らむ不思議な姿と合わせ、来園者の目を引いている。
 東南アジアなどに分布するコンニャクの仲間で、名前は地下にある塊茎(コンニャク玉)がゾウの足に似ていることに由来する。直径30センチ前後の花は強い臭いで、受粉を媒介する虫を誘う。
(記事全文は28日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース