衆院選かごしま 景気回復実感なし アベノミクス届かず

(2017-10-17 06:30)
10月上旬の夜の天文館文化通り。行き交う酔客からは景気回復の声は聞こえて来なかった=鹿児島市山之口町
 2012年12月に発足した安倍晋三政権が掲げた経済政策「アベノミクス」。大規模な金融緩和で円安、株高となり、雇用も改善した。一方、賃金の伸びは小さく、消費増税などで支出は増えた。鹿児島県民に景気回復の波は届いているのか。
(記事全文は17日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

▽連載・特集
「1減」決戦
※全文は南日本新聞紙面をご覧下さい
【1区】希望の動向 自民警戒 2017/09/30 掲載
【2区】保守分裂 色めく野党 2017/10/01 掲載
【3区】前職2氏 激しく攻防 2017/10/02 掲載
【4区】社民の存亡かけ結集 2017/10/04 掲載
【比例】協力関係なお流動的 2017/10/05 掲載
選択の意義
※全文は南日本新聞紙面をご覧下さい
【政治手法】問われる「数のおごり」 2017/10/12 掲載
【雇用労働】働き方改革 道筋見えず 2017/10/13 掲載
【経済政策】デフレ心理解消されず 2017/10/14 掲載
【原発政策】与野党、課題直視せず 2017/10/17 掲載
論点を問う
※全文は南日本新聞紙面をご覧下さい
【消費税増税】家計と将来負担に不安 2017/10/13 掲載
【社会保障・子育て】財源不足 現場を直撃 2017/10/14 掲載
【アベノミクス】効果波及や格差に疑問 2017/10/15 掲載
【憲法改正】9条の扱い 争点に浮上 2017/10/16 掲載
【安全保障】住民不在の防衛力強化 2017/10/17 掲載