川内氏ら4人に衆院選当選証書 鹿児島県選管

(2017-10-26)
当選証書を受け取る川内博史氏=県庁
 鹿児島県選挙管理委員会(鎌田六郎委員長)は25日、県庁で衆院選の鹿児島1~4区の当選者に当選証書を渡した。1区で返り咲いた川内博史氏(55)=立憲民主、6期=は「県民から託された思いを受け止め、議員として頑張りたい」と語った。
 任期は22日から2021年10月21日までの4年間。2~4区の金子万寿夫氏(70)=3期、小里泰弘氏(59)=5期、森山〓(しめすへんに谷)氏(72)=6期=の自民当選者は代理人が受け取った。
 自民の宮路拓馬氏(37)=2期=ら比例の当選者は27日の選挙会で正式に当選者が決まり、28日に総務省で当選証書の付与式がある。
[記事一覧]
2017/10/26 川内氏ら4人に衆院選当選証書 鹿児島県選管
2017/10/25 10代初の衆院選、鹿児島県内の若者は?

▽連載・特集
「1減」決戦
※全文は南日本新聞紙面をご覧下さい
【1区】希望の動向 自民警戒 2017/09/30 掲載
【2区】保守分裂 色めく野党 2017/10/01 掲載
【3区】前職2氏 激しく攻防 2017/10/02 掲載
【4区】社民の存亡かけ結集 2017/10/04 掲載
【比例】協力関係なお流動的 2017/10/05 掲載
選択の意義
※全文は南日本新聞紙面をご覧下さい
【政治手法】問われる「数のおごり」 2017/10/12 掲載
【雇用労働】働き方改革 道筋見えず 2017/10/13 掲載
【経済政策】デフレ心理解消されず 2017/10/14 掲載
【原発政策】与野党、課題直視せず 2017/10/17 掲載
【憲法】9条改正の是非焦点 2017/10/18 掲載
論点を問う
※全文は南日本新聞紙面をご覧下さい
【消費税増税】家計と将来負担に不安 2017/10/13 掲載
【社会保障・子育て】財源不足 現場を直撃 2017/10/14 掲載
【アベノミクス】効果波及や格差に疑問 2017/10/15 掲載
【憲法改正】9条の扱い 争点に浮上 2017/10/16 掲載
【安全保障】住民不在の防衛力強化 2017/10/17 掲載
【雇用・労働】地元就職率改善が急務 2017/10/18 掲載
【農業振興】輸出戦略の拡充必要 2017/10/19 掲載
【川内原発】40年超運転論議始まる 2017/10/20 掲載