九州大会2016年10月23日-10月29日

(大分県 別大興産スタジアム、臼杵市民球場)

 第139回九州地区高校野球大会最終日は10月29日、大分市の別大興産スタジアムで行われ、2季連続で福岡県代表同士の対戦となった決勝で福岡大大濠が東海大福岡に4-3でサヨナラ勝ちして春秋連覇を達成し、通算3度目の優勝を果たした。

鹿児島県代表の横顔

南日本新聞モバイルサイトの紹介

モバイルサイトでは試合速報など詳しい情報をお届けします。
ぜひ一度ご覧ください。 右のQRコードからアクセスできます。

南日本新聞モバイル二次元コード

鹿児島大会2016年9月22日-10月7日

(県立鴨池球場、鴨池市民球場、姶良球場)

 第139回九州地区高校野球大会鹿児島県予選最終日は10月7日、鹿児島市の県立鴨池球場で決勝があった。れいめいが鹿児島実を5-4で破り、3季ぶり4度目の優勝を果たした。




2016年8月7日-8月21日

 第98回全国高校野球選手権大会は8月7日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕。大会第9日の15日、樟南は2回戦で花咲徳栄(埼玉)と対戦し、3-6で敗れて3回戦進出はならなかった。


鹿児島大会2016年7月2日-7月26日

(県立鴨池球場、鴨池市民球場)

 第98回全国高校野球選手権鹿児島大会最終日は7月26日、鹿児島市の県立鴨池球場で、延長15回引き分け再試合となった鹿児島実-樟南の決勝があった。樟南が3-2で鹿実を下し、3年ぶり19度目の夏の甲子園出場を決めた。


九州大会2016年5月11日-5月17日

(長崎県 長崎県営野球場(ビッグNスタジアム)、長崎市総合運動公園かきどまり野球場)

 第138回九州地区高校野球大会は5月17日、長崎市の長崎県営野球場で決勝が行われ、福岡大大濠が西日本短大付(福岡)を7-4で下し優勝を果たした。

鹿児島県代表の横顔


鹿児島大会2016年3月20日-4月4日

(県立鴨池球場、鴨池市民球場、姶良球場)

 第138回九州地区高校野球大会鹿児島県予選最終日は4月4日、鹿児島市の県立鴨池球場で決勝があり、ノーシードの神村学園が樟南を13-4で破り、3季ぶり9度目の優勝を飾った。九州大会(23~28日・長崎県)には両校に加え、第88回選抜大会に出た鹿児島実が出場する。


2016年5月7日-5月8日

(鹿児島県立鴨池球場)

 東京を代表する強豪・日大三と帝京の2校が、鹿児島実、神村学園、樟南、鹿児島城西、加治木、れいめいの地元勢6校と対戦しました。


2016年3月20日-4月1日

 第88回選抜高校野球大会は3月20日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕。第1日第2試合(1回戦)に登場した鹿児島実は、常総学院(茨城)を6-2で下した。2回戦の第6日第2試合で智弁学園(奈良)に1-4で敗れた。