たのし味(み)めぐり

古里の味思い出して

みそや堂別庵

2022/11/06 掲載


 産業道路から路地裏に入ると、瓦屋根の古民家からみその芳醇(ほうじゅん)な香りが漂ってくる。昼時になると額の汗を拭いながら、無心に麺をすする客であふれる。
 看板メニューは「みそらーめん」(850円)。豚骨と鶏ガラのベースに、全国各地から厳選した5種類のみそとショウガ、ニンニクなど23種類の食材をブレンドしたスープは、すっきりとしたうま味が魅力だ。
 店主の中堂園拓也さん(61)は36歳で脱サラし、市内の飲食店で4年間修業を積んだ後、2001年に開業。「みそ汁はおふくろの味。誰が食べても古里を思い出せるよう、みそラーメンにこだわった」と話す。
 豚骨スープに香ばしいマー油が決め手の「昭和思ひ出らうめん」(800円)や、「維新の黒胡麻らーめん」(同)なども楽しめる。

LOCATION
【住所】鹿児島市卸本町8の6

【電話】099(260)1139

【営業時間】午前11時~午後2時

【休み】月曜