たのし味(み)めぐり

喉ごし抜群手打ちそば

魚棚(うぉんたな)

2018/09/11 掲載


 “喉ごし”にこだわるため約1ミリの細麺を毎日手打ちする。石臼でひいた国産100%のそば粉は、霧島市牧園や日置市吹上の農家から仕入れ、だし汁には枕崎産の本枯節を使用。「そば本来の味を楽しめる」と人気を集めている。
 繁華街「ムタマチ」の一画にあり、夜は魚料理中心の日本料理店、昼はそば屋として営業する。毎日20食限定の「蕎麦(そば)膳」は、炊き込みご飯や煮物、だし巻き卵が付いて1000円(税込み)。せいろ、かけそばは700円(同)で味わえる。秋冬は曽於市特産のユズを薬味に使う。
 曽於市末吉出身のオーナー谷村洋幸さん(46)は「横浜で学んだそばをベースに南九州向きに仕上げた」と話す。

LOCATION
【住所】都城市牟田町4-15 サン・ヤマコビル1階

【電話】0986(26)0460

【営業時間】午前11時半~午後1時半、午後6~10時半

【休み】日曜。月曜不定休