たのし味(み)めぐり

柔らかな天然氷

蔵元八義×SAKODA 薩摩氷菓店

2019/08/06 掲載


天然氷を使ったかき氷を楽しめる「蔵元八義×SAKODA 薩摩氷菓店」
 南アルプス・八ケ岳の湧き水を凍らせた蔵元八義(やつよし)=山梨県=の天然氷のかき氷を楽しめる。ふわっととける柔らかな食感、生の果肉をその日につぶしてつくるフレッシュなソースが特徴だ。
 天然氷とは冬の間、厳寒の屋外で湧き水を自然に凍らせたもの。運営するクリエイトバリューコンサルタントの田原信一郎代表は「冷たすぎないよう氷がとける手前の温度で、削り節のように薄くスライスするので頭がキーンとしない」と話す。
 鹿児島市のSAKODAホームファニシングス与次郎店2階に7月にオープンした。「家具選びの休憩にどうぞ」と同社営業部の青山美保チーフ。
 ソースはティラミスフロマージュ(850円)、生いちご(950円)など9種類。営業は10月31日までだが、氷がなくなれば終了する。

LOCATION
【住所】鹿児島市与次郎1の9の17

【電話】(0120)207113

【営業時間】午前10時~午後6時(ソースが売り切れると閉店)

【休み】無休