2020年度
南日本文学賞は郷土の文芸振興を目的に1973年創設。
鹿児島県在住または出身者などの小説・評論、詩の中から最も優秀な作品に贈られます。
2020年度南日本文学賞決まる
選考委員
選考委員の3氏が候補作の中から受賞作を決めます
又吉 栄喜 (またよし・えいき)
1947年、沖縄県浦添市生まれ。琉球大学を卒業後、浦添市役所に勤めながら小説を書き始め、「ジョージが射殺した猪」で77年度九州芸術祭文学賞最優秀作、80年「ギンネム屋敷」ですばる文学賞、96年「豚の報い」で芥川賞を受賞。「果報は海から」「人骨展示館」「呼び寄せる島」「漁師と歌姫」ほか。著作は英、仏、伊語にも翻訳されている。浦添市在住。
町田 康 (まちだ・こう)
1962年大阪府生まれ。97年に「くっすん大黒」でドゥマゴ文学賞、野間文芸新人賞、2000年「きれぎれ」で芥川賞、02年「権現の踊り子」で川端康成文学賞、05年「告白」で谷崎潤一郎賞など。詩人でもあり、01年に「土間の四十八滝」で萩原朔太郎賞を受賞。パンクバンド「汝、我が民に非ズ」のボーカルとしても活動する。静岡県在住。
三角 みづ紀 (みすみ・みづき)
1981年鹿児島市生まれ。東京造形大学在学中に現代詩手帖賞、2005年第1詩集「オウバアキル」で中原中也賞、06年刊「カナシヤル」で南日本文学賞と歴程新鋭賞。14年「隣人のいない部屋」で萩原朔太郎賞を史上最年少で受賞。朗読や作詞など多彩な表現に取り組み、16年4月から「南日詩壇」選者も務める。北海道在住。
関連記事

南日本文学賞 詩の需水さん、うるし山さんを表彰 初の同一部門W受賞

(2021-03-31)
南日本文学賞を受けた詩部門の需水さん(手前右)とうるし山千尋さん(同左)。後列は介添人=鹿児島市の南日本新聞会館
南日本文学賞を受けた詩部門の需水さん(手前右)とうるし山千尋さん(同左)。後列は介添人=鹿児島市の南日本新聞会館
 2020年度南日本文学賞(南日本新聞社主催)の贈賞式が30日、鹿児島市の南日本新聞会館であった。詩部門の「穏やかな日々」(15編)で受賞した同市の公務員・需水(じゅすい)(本名・山之内勉)さん(54)と、同部門で「ライトゲージ」(同)が選ばれた鹿屋市の社会保険労務士・うるし山千尋さん(44)に、賞状と賞金30万円が贈られた。

 同一部門での2作受賞は49回目で初。式では南日本新聞社の佐潟隆一社長が「2人の詩は優劣つけがたい高い評価を得た。言葉の力を十分に引き出し、巧みに生かしている。これからも言葉と向き合い、県内で圧倒的な存在になるよう、創作を続けてほしい」とあいさつし、賞状を手渡した。

 需水さんは「表現に行き詰まった時、南日詩壇への投稿で活路を見いだしたのが、詩との決定的な出会いだった。受賞は詩に連れて来られた感覚がある」とあいさつ。07年度以来、2度目の受賞となったうるし山さんは「素直に、純粋にうれしい。前回は勢いで書いた部分があったが、今では違う表現もできる。審査員が変わり、もう一度批評してもらいたかった」と述べた。

 南日本文学賞は、小説・文芸評論と詩の2部門で公募。本年度は応募資格を鹿児島県在住・出身者とし、過去の受賞者にも応募を呼びかけた。今回は昨年に続き、新型コロナウイルス感染予防のため公開選考を取りやめ、非公開で選考を行った。小説・文芸評論部門は該当作がなかった。
主催 南日本新聞社