未来へ

 「ミライページ」は「学生による学生の新聞」です。鹿児島県内の大学・短大・高専や高校ごとに、学校ゆかりの人物や自慢の取り組みなどを紹介します。取材・執筆するのは各校の学生、生徒です。未来を担う若い世代が各校の今を伝えます。

11月23日は加世田常潤高校

(2019-11-23)
稲を植える生徒たち
■食農プロデュース科新設
 加世田農業高校からの歴史と伝統を受け継ぐ本校は、本年度、有機生産科と食品工学科の2学科が再編され、「食農プロデュース科」が新設された。1年生は食農プロデュース科、2、3年生は有機生産科と食品工学科に在籍する。それぞれ特徴を紹介する。
 化学肥料や農薬を使用しない有機栽培でタマネギとサツマイモを育てている。また畜産、果樹、野菜専攻に分かれて学んでいる。
 本校には肉用牛29頭、豚125頭、鶏209羽がおり、畜産専攻の生徒が世話をしている。子牛はセリ市に出荷。豚の飼育、鶏は集卵、選卵まで行う。3年の中村かれんさんは「生き物の世話は大変だが、楽しく充実している」と語る。生徒が育てた牛は今年、南さつま市のふるさと納税の返礼品にもなっている。
※記事全文は23日の南日本新聞16面をご覧ください!

■推しメン!!「下園 海翔さん 食品工学科3年」
■チェック「介護実習に意欲 社会に役立つ人材へ」

「ミライページ」は毎月第2、第4土曜日掲載。鹿児島県内の大学や高校ごとに学生(生徒)記者が取材・執筆します。参加希望や感想などをお寄せください。