未来へ

 「ミライページ」は「学生による学生の新聞」です。鹿児島県内の大学・短大・高専や高校ごとに、学校ゆかりの人物や自慢の取り組みなどを紹介します。取材・執筆するのは各校の学生、生徒です。未来を担う若い世代が各校の今を伝えます。

3月14日は鹿児島純心女子大学

(2020-03-14)
留学生送別会
 鹿児島純心女子大学は、国際人の育成を目指して学生を海外へ送り出す一方、留学生の受け入れを行い、国際交流を積極的に進めている。留学生らのレポートを紹介する。

■台湾と文化の違い学ぶ
 台湾の交換留学生として昨年9月から今年2月まで、大学で日本の文化を学んだ。
 思い出は薩摩川内市の天辰地区のみなさんが交流会を開いてくれたことである。住民と留学生の交流は今回で13年目という。約30人のみなさんが、地元産の野菜を使った料理や地鶏の刺し身などを用意してくれた。(交換留学生・林郁萱(リンイクケン))


■豪留学で英語に自信
 私は2月15日から5週間の予定でオーストラリアのアデレード大学に留学中だ。留学前は自分の英語が通用するのかとても不安だったが、現地でそんな不安は一気に吹き飛んだ。間違った英語でも、みんな「Lovely」とほめてくれる。大学の先生は「母国語でも間違えることはある。間違いを恐れないで」とアドバイスをくれた。それが自信になり、自分から積極的に話すことを心がけている。(教育・心理学科1年・橋口果奈)
※記事全文は14日の南日本新聞14面をご覧ください!

■推しメン!!「小原 真由さん 看護栄養学部 健康栄養学科4年」
■チェック「学生の目線でPR 広報サポーター活躍」

「ミライページ」は毎月第2、第4土曜日掲載。鹿児島県内の大学や高校ごとに学生(生徒)記者が取材・執筆します。参加希望や感想などをお寄せください。