未来へ

 「ミライページ」は「学生による学生の新聞」です。鹿児島県内の大学・短大・高専や高校ごとに、学校ゆかりの人物や自慢の取り組みなどを紹介します。取材・執筆するのは各校の学生、生徒です。未来を担う若い世代が各校の今を伝えます。

6月9日は鹿児島県立短期大学

(2018-06-09)
昨年度の前夜祭で仮装を楽しむ学生
 ■思い思いの仮装で交流
 毎年秋に開かれる、鹿児島県立短期大学県大祭の「前夜祭」は、とてもユニークな行事だ。外部の人を入れず、思い思いに仮装し、菓子を食べながらレクリエーションを楽しみ、親ぼくを深め合う。主役となる学生からは「仮装をきっかけに、普段、話をする機会のない人とも会話できる」という声が上がる。
 県大祭は、県短の最大の行事。前夜祭、1年生が専攻ごとに劇を披露する「文化祭」、模擬店やお笑いライブなどで人を呼び込む「学内開放」の三つのイベントで構成されている。このうち、前夜祭だけが、学生や教職員など学内関係者しか参加できない決まりになっている。
 例年、学内開放が日曜日に行われ、前夜祭はその直近となる金曜日の講義終了後に開かれる。仮装しなくても参加できるが、毎回、多くの学生が仮装して登場する。
※記事全文は9日の南日本新聞15面をご覧ください!

■推しメン!!「図師文也さん(19) 自治会長」
■チェック「図書館支える〝相棒〟 サークル『KLC』」

「ミライページ」は毎月第2、第4土曜日掲載。鹿児島県内の大学や高校ごとに学生(生徒)記者が取材・執筆します。参加希望や感想などをお寄せください。