未来へ

 「ミライページ」は「学生による学生の新聞」です。鹿児島県内の大学・短大・高専や高校ごとに、学校ゆかりの人物や自慢の取り組みなどを紹介します。取材・執筆するのは各校の学生、生徒です。未来を担う若い世代が各校の今を伝えます。

1月17日は指宿高校

(2018-01-27)
交換留学生とジェスチャーゲームで楽しむ指宿高校生たち
■家庭や学校の授業で交流
 昨年12月13~15日、指宿高校にオーストラリアのロックハンプトン市から8人の交換留学生がやって来た。指宿市がオーストラリアのロックハンプトン市と姉妹都市盟約を結んでいる縁から、「指宿市青少年海外派遣事業」の一環として夏休みの11日間を利用し、市内に住む中学・高校生が互いにホームステイをする。
 本年度は指宿高校から9人の生徒がロックハンプトン市へホームステイし、その生徒たちの自宅に今度はロックハンプトン市の生徒たちがホームステイしながら、指宿高校の午後の授業に参加した。
 初日は、2年生の授業の最初で言葉を使わずジェスチャーのみで相手にテーマを伝えるゲームを行い、和やかな雰囲気に。1年生の数学の授業ではグループに分かれて、国立大学の入試問題を一緒に解いた。
※記事全文は27日の南日本新聞15面をご覧ください!

■推しメン!!「當 太輝さん(37) 数学教諭」
■チェック「音楽と書評合戦に沸く 図書館で楽しむXmas」

「ミライページ」は毎月第2、第4土曜日掲載。鹿児島県内の大学や高校ごとに学生(生徒)記者が取材・執筆します。参加希望や感想などをお寄せください。