未来へ

 「ミライページ」は「学生による学生の新聞」です。鹿児島県内の大学・短大・高専や高校ごとに、学校ゆかりの人物や自慢の取り組みなどを紹介します。取材・執筆するのは各校の学生、生徒です。未来を担う若い世代が各校の今を伝えます。

3月10日は鹿児島大学

(2018-03-10)
動物愛護フェスティバルで活動をPRするメンバー=2017年11月12日、鹿児島市のかごしま健康の森公園
■犬猫の殺処分減らしたい
 鹿児島大学には「Animal Protection(通称・アニプロ)」という動物愛護サークルがある。捨てられて殺処分されてしまう犬や猫を少しでも減らすことを目標に、勉強会を開いたり、イベントで活動をPRしたりしている。
 日本での犬や猫の殺処分は減少傾向にある。しかし、環境省の統計資料によると、2016年度だけでも5万5998匹が殺処分されている。この状況を踏まえ、アニプロは同年4月、共同獣医学部の学生が設立した。現在、同学部生を中心に文系、理系を問わず、さまざまな学部の計76人が所属している。
 活動の柱は、多くの人に殺処分の現状を理解してもらう、毎月1回の勉強会。メンバーはそこで学んだことや感じたことを会員制交流サイト(SNS)で一般向けに発信している。
※記事全文は10日の南日本新聞18面をご覧ください!

■推しメン!!「竹之内 仁志さん(20) 法文学部人文学科2年」
■チェック「刺激し合い ともに成長 武道2武の合同稽古」

「ミライページ」は毎月第2、第4土曜日掲載。鹿児島県内の大学や高校ごとに学生(生徒)記者が取材・執筆します。参加希望や感想などをお寄せください。