未来へ

 「ミライページ」は「学生による学生の新聞」です。鹿児島県内の大学・短大・高専や高校ごとに、学校ゆかりの人物や自慢の取り組みなどを紹介します。取材・執筆するのは各校の学生、生徒です。未来を担う若い世代が各校の今を伝えます。

6月23日は国分中央高校

(2018-06-23)
さまざまな活用が期待される新体育館「精華アリーナ」
■地域スポーツの拠点へ 新体育館「精華アリーナ」
 国分中央高校内に、地上3階建ての真新しい建物がある。その正体は、3月に完成したばかりの新体育館「精華アリーナ」。運動を楽しんだり、体を鍛えたりする設備が充実している。2020年鹿児島国体の競技会場にも決まっており、地域スポーツの拠点となることが期待されている。
 本校は11年度にスポーツ健康科を新設。スポーツで活躍する生徒が増え、学校が活性化する中、さまざまな競技ができる多機能の体育館が必要となったため整備した。今年4月から使用しており、7月3日は関係者を招いて落成式が開かれる。
 1階玄関から入ると、正面のガラス棚に、これまでの各種スポーツ大会で獲得した優勝旗やトロフィーが飾られている。同じフロアには、体育実習室、武道場、救護室、シャワー室、トレーニング室、体育科職員室などがある。
※記事全文は23日の南日本新聞13面をご覧ください!

■推しメン!!「永野 昌隆さん(42) 園芸工学科教諭」
■チェック「おもてなし、商品開発… 充実の課題研究」

「ミライページ」は毎月第2、第4土曜日掲載。鹿児島県内の大学や高校ごとに学生(生徒)記者が取材・執筆します。参加希望や感想などをお寄せください。