未来へ

 「ミライページ」は「学生による学生の新聞」です。鹿児島県内の大学・短大・高専や高校ごとに、学校ゆかりの人物や自慢の取り組みなどを紹介します。取材・執筆するのは各校の学生、生徒です。未来を担う若い世代が各校の今を伝えます。

7月28日は鹿屋農業高校

(2018-07-28)
■農にこだわるユニーク体育祭
 鹿屋農業高校は、県内で最も歴史ある農業高校だ。体育祭においてもとことん農業にこだわっている。他校にないユニークな競技を楽しみに、地域からも多くの人が訪れる。
 各学科全員参加で披露する「応援合戦」では、息の合ったダンスや演舞で観客を魅了する。その中でも特に目を引くのが、農業科伝統の「大根踊り」だ。
 団長の「苦しき時の父となり…」のせりふから始まり、両手に大根を握った同科の生徒約60人が、大きな声で歌いながら踊る。
 一見簡単そうにも見えるが、昨年の大根踊りを経験した生徒たちは「両手に大根を持って歌いながら踊るのはとても大変」と口をそろえる。
※記事全文は28日の南日本新聞14面をご覧ください!

■推しメン!!「福元 龍大さん(18) ソフトボール部主将」
■チェック「地元サツマイモPR」紅っ娘

「ミライページ」は毎月第2、第4土曜日掲載。鹿児島県内の大学や高校ごとに学生(生徒)記者が取材・執筆します。参加希望や感想などをお寄せください。