未来へ

 「ミライページ」は「学生による学生の新聞」です。鹿児島県内の大学・短大・高専や高校ごとに、学校ゆかりの人物や自慢の取り組みなどを紹介します。取材・執筆するのは各校の学生、生徒です。未来を担う若い世代が各校の今を伝えます。

1月26日は甲南高校

(2019-01-26)
1年前半の活動のまとめとしてポスターでのグループ発表
■幅広い視野で課題研究

 甲南高校は2015年度に鹿児島県で唯一のスーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定された。「W-KI(Wazze Konan Innovation project)」と名付けた「総合的な学習の時間」を中心に、3年間をかけて取り組む「課題研究」と、同窓会の支援も受けながら行う「海外派遣事業」を二つの柱として取り組んでいる。
 海外派遣事業では、1年次に台湾、2年次に英国へ各学年から選抜された15人が派遣される。派遣先では、フィールドワークや英語での研究発表、現地の学生との交流などを行う。課題研究は「人口問題に起因する諸問題の解決」をテーマに行う。1年次の前半には食・ビジネス・観光・環境の四つの分野に分かれ、研究対象を地元鹿児島として、グループで課題研究に取り組む。後半には個人で分野を選択して課題研究を行う。
 2年生になると研究対象を世界に広げ「社会における諸問題とその解決」について課題研究を行う。課題解決能力を磨くとともに、研究結果をポスターやプレゼンテーション、論文で発表する。また課題研究を通じて研究している分野への興味が強くなり、それをきっかけに進路を選択する生徒もいる。
※記事全文は26日の南日本新聞14面をご覧ください!

■推しメン!!「勇 やよいさん 英語教諭」
■チェック「変わらぬ甲南愛 時代つなぐ同窓会」

「ミライページ」は毎月第2、第4土曜日掲載。鹿児島県内の大学や高校ごとに学生(生徒)記者が取材・執筆します。参加希望や感想などをお寄せください。