未来へ

 「ミライページ」は「学生による学生の新聞」です。鹿児島県内の大学・短大・高専や高校ごとに、学校ゆかりの人物や自慢の取り組みなどを紹介します。取材・執筆するのは各校の学生、生徒です。未来を担う若い世代が各校の今を伝えます。

9月14日は鹿屋体育大学

(2019-09-14)
鹿屋体育大の教育や学生の指導を受けて練習する子どもたち
■子どもも学生も成長
 NPO法人NIFS(ニフスス)ポーツクラブは、鹿屋体育大学を基盤とする総合的な地域スポーツクラブである。専門的なスポーツ環境を持つ大学の知的資源と物的資源を有効活用してもらうことで、地域住民が自発的にスポーツを楽しみ、各自の技術レベルやニーズに応じた健康づくりや体力の維持増進を図ることを目的にしている。2006年設置された。
 クラブの種目は体操、テニス、サッカー、陸上、貯筋運動の五つで、4歳から80代まで435人の会員がいる。中でも一番会員の多い体操サークルは、大学の教員と体操競技部員が毎週水・土曜日に専門的な指導を行っている。
※記事全文は14日の南日本新聞15面をご覧ください!

■推しメン!!「沼田 薫樹さん 大学院博士後期課程2年」
■チェック「来たれ!蒼天祭 体験ブース多彩に」

「ミライページ」は毎月第2、第4土曜日掲載。鹿児島県内の大学や高校ごとに学生(生徒)記者が取材・執筆します。参加希望や感想などをお寄せください。