未来へ

 「ミライページ」は「学生による学生の新聞」です。鹿児島県内の大学・短大・高専や高校ごとに、学校ゆかりの人物や自慢の取り組みなどを紹介します。取材・執筆するのは各校の学生、生徒です。未来を担う若い世代が各校の今を伝えます。

4月13日は鹿児島国際大学

(2019-04-13)
肥薩おれんじ鉄道の担当者(右2人)と観光ツアーの企画の打ち合わせ
■阿久根の活性化に挑戦

 鹿児島国際大学は、阿久根市と鹿児島相互信用金庫との産官学金連携で、阿久根市の「地域活性化事業」に取り組んでいる。2018年度は表正幸教授の表ゼミと中西孝平講師の中西ゼミが活動。地域をフィールドに、課題解決を模索する経験が、学生自身の成長にもつながっている。
 表ゼミでは、観光地を巡り、阿久根の食材を楽しむ「バルナイトツアー」を開催した。バルとは利用者がチケット購入し、参加飲食店を気軽にはしごし、限定メニューなどを楽しむもの。私たちは、実際に鹿児島市で行われた「鹿児島バル街」を視察、仕組みや魅力について調査し、阿久根の食材を使った料理を試食したりした。
 バルという飲食形態が普及していない阿久根で、バルの魅力や、どう地域活性化につながるのか、地元のみなさんに伝えることに苦労したが、ツアーでは温かいおもてなしが好評だった。
※記事全文は13日の南日本新聞15面をご覧ください!

■推しメン!!「新門 さくらさん 音楽学科ピアノ演奏家課程3年」
■チェック「東京公演 満員の来場者 『マタイ受難曲』全国ツアー」

「ミライページ」は毎月第2、第4土曜日掲載。鹿児島県内の大学や高校ごとに学生(生徒)記者が取材・執筆します。参加希望や感想などをお寄せください。