未来へ

 「ミライページ」は「学生による学生の新聞」です。鹿児島県内の大学・短大・高専や高校ごとに、学校ゆかりの人物や自慢の取り組みなどを紹介します。取材・執筆するのは各校の学生、生徒です。未来を担う若い世代が各校の今を伝えます。

7月27日は鹿児島実業高校

(2019-07-27)
ポーズを決める男子新体操部
■「自主性」で成長 男子新体操
 鹿実男子新体操部が中心となりコミカルなダンスを繰り広げる鹿児島市のPR動画「維新danci’n鹿児島市~season2」が話題になっている。動画サイト・ユーチューブで100万回近く視聴されている。
 体育館の厚いマットの上では、部員たちがリズミカルに全身を動かしている。部員たちの迫力に圧倒されつつも、顧問の樋口靖久先生に話を聞いた。
 樋口先生は「鹿実男子新体操部の強みは自主性。振り付けを部員自ら考え、提案し、創り上げている」と言う。
 27日から鹿児島など九州4県を中心に「南部九州総体」が始まる。男子新体操の競技は8月6、7日、鹿児島アリーナ(鹿児島市)で行われる。藤本主将は「地元開催だけに、これまで以上に観客のみなさんを楽しませ、何より自分たちの納得の演技をしたい」と意欲を見せる。
※記事全文は27日の南日本新聞15面をご覧ください!

■推しメン!!「野添 奏詠さん 鹿児島市消防局 消防副士長」
■チェック「先輩の“宝物”数多く 歴史伝える鹿実資料館」

「ミライページ」は毎月第2、第4土曜日掲載。鹿児島県内の大学や高校ごとに学生(生徒)記者が取材・執筆します。参加希望や感想などをお寄せください。