黒ヂョカ

 南日本新聞の「黒ヂョカ」は、1951(昭和26)年2月17日付に初登場しました。読者の身の回りで起きたユーモア話を、登場人物の似顔絵をつけて紹介する名物企画です。ウェブでもお楽しみください。

天変地異

2022年6月11日
 ○…曽於市末吉町二之方の胡摩ケ野千穂さん(76)は毎年、自宅横の畑でキュウリ栽培に余念がない。今年も苗物店から購入した4株を植え付けた。先日の朝のこと。成長ぶりを見に行くと、4株のほとんどの実のなり口から2本のキュウリがにょきにょき、中には3本ついているものも。

 ○…20年以上キュウリを育てている胡摩ケ野さんだが、同じ節から2本も3本も出ているのを見たのは初めてで、何とも落ち着かない。その日から畑の“怪奇現象”にあれこれ思いを巡らし、「これは天変地異の前触れでは」とまで思い込む始末。

 ○…後日、聞くところによれば肥料のやり過ぎか、逆に肥料不足の場合に起きる現象の一つらしい。そう言えば、今年はいつもより多めに肥料をやったことを思い出した。「天変地異は畑の中じゃった。これで一件落着」と胸をなで下ろしたのだった。

関連記事

水筒の中身

産科します

AUTO

チコちゃんに叱られる!

ライチ愛

病院か美容院か

御利益はどこから

お辞儀ルッコラ

尋ねられたのは…