( 7/6 付 )

 作家の山際淳司さんは、著書「スローカーブを、もう一球」の中で「スポーツはすべてのことを、つまり、人生ってやつを教えてくれるんだ」と記す。コロナ禍に直面する球児の胸の内はいかほどだろう。

 全国高校野球選手権鹿児島大会を観戦した。猛暑を物ともせず、はつらつとプレーする選手がまぶしかった。試合終了のサイレンが鳴ると、観客席からは歓声ではなく健闘をたたえる拍手やマラカスの音が響いた。

 昨年は大会が中止となり、甲子園を目指す熱戦が2年ぶりに始まった。開始式で宣誓した串木野高の主将は「コロナ下で野球ができることに感謝し、一生懸命プレーする」と、涙をのんだ先輩にも思いをはせた。

 感染状況はこの1年も刻々と変化し、再び大会中止にならないか気をもんだ時期もあったはずだ。今年の地方大会は南北海道からスタート。開催にこぎ着けた感慨は全国の関係者にとってもひとしおだろう。

 県高校総合体育大会では感染対策を講じていたものの、クラスターが発生した。それだけに一般客にも入場時の検温やマスク着用を求めるなど徹底する。

 チームによっては宿泊生活を続けたり、勝ち進めば応援にも熱が入ったりするだろうが、細心の注意を心掛けたい。何よりも球児たちには白球を追う喜びを味わってほしい。コロナ下で練習を積んで、迎えた大会は今後の人生の糧になるに違いない。