( 9/24 付 )

 <BTSテレビ局だと思ってた>。敬老の日に向け、全国有料老人ホーム協会が公募したシルバー川柳の今年の入選作にあった。

 BTSって何? 本欄の読者にもご存じない方がいるかもしれない。アジアの枠を超えた人気を得ている韓国の男性音楽グループ名である。念のため。熱狂ぶりはビートルズやマイケル・ジャクソンと比べられるほどだ。

 先日、米ニューヨークの国連本部で開かれた持続可能な開発目標(SDGs)の関連行事で、7人のメンバー全員がスピーチ台に立った。その発信力が期待された通り、国連公式ユーチューブのライブ配信を約100万人が見たそうだ。

 「未来世代の話を伝えようとここに来た」と切りだした。世界中の10代、20代のファンに新型コロナ下をどう過ごしているか聞いたという。自然の中で写した写真が多く届いた。環境問題に関心を寄せる若者が多いことが分かった。

 「これからの世界のため自ら考え、答えを探している」。彼らをコロナによって機会を奪われたロストジェネレーション(失われた世代)とは呼ぶまい。変化にひるまず、「ようこそ」と迎えて前に進んでいく「ウエルカムジェネレーション」と呼ぼうと提案した。

 今週はSDGs週間だ。BTSの前に、「目標達成は難しい」と演説した国連のグテレス事務総長。未来志向のウエルカム世代を、心強く思ったに違いない。