[豚コレラ拡大] 国が主導し感染止めよ
( 9/19 付 )

 家畜伝染病・豚コレラの感染拡大が止まらない。
 岐阜市の養豚場で国内26年ぶりに発生が確認されて1年、感染は東海から北陸に広がり、さらに今月に入って関東の埼玉県でも判明した。
 極めて深刻な事態である。これ以上の被害拡大を食い止めるため、国はあらゆる手を尽くさなければならない。
 豚の飼育頭数が全国1位の鹿児島県も一層の警戒が必要だ。防疫に全力で取り組んでほしい。
 この1年で殺処分された豚は、発生養豚場と出荷先の長野県、滋賀県、大阪府などを含めると13万頭を超えた。歯止めがかからない感染に農家が不安を募らすのは当然だ。
 豚コレラはウイルス感染で起こる豚とイノシシ固有の伝染病である。感染力が強く、かかると発熱や食欲不振を起こして高い確率で死亡する。有効な治療法はなく、殺処分しかない。人にはうつらず、感染した豚肉を食べても影響はない。
 ウイルス拡散を防ごうと、農家は野生イノシシの侵入防止柵を設置する一方、国もイノシシ向けの餌入りワクチンの広域散布や、捕獲強化などの対策に力を入れてきた。だが、結果的にウイルスの封じ込めに失敗したと言わざるを得ない。
 今回、養豚が盛んな関東地方に感染が波及したことを受け、さらなる拡大を懸念して宮城県の村井嘉浩知事は、豚へのワクチン投与を政府に要望する考えを明らかにした。危機感を強める感染地域の農家からも接種を求める声が強まっている。
 ただ、農林水産省はワクチン使用に慎重な姿勢を崩していない。投与すると、豚コレラの壊滅状態を指す清浄国に戻るまで時間がかかり、輸出にマイナスとなる恐れがあるためだ。
 また、清浄国なら拒絶できる非清浄国からの輸入圧力に抗するのも難しくなり、養豚業の盛んな他地域で感染リスクが高まるという。鹿児島にとっても大きなリスクがあるということだ。
 江藤拓農相は「接種するかどうか、いずれの判断まで時間は長くかけられない」と述べた。国内養豚の将来にかかわるだけに難しい判断が迫られる。
 さらに気になるのは、中国やベトナムで流行しているアフリカ豚コレラ(ASF)が韓国で確認されたことだ。致死率が非常に高く、有効な治療法はない。
 日本での発生は確認されていないが、海外からの違法な畜産物持ち込みは後を絶たない。検疫探知犬を増やすなど、水際対策を強化する必要がある。
 鹿児島県はASF対策として9月補正予算案に2億6300万円を計上、イノシシ防護柵の設置費用を補助する。いつ侵入してくるか分からない。徹底した対策を求めたい。