[阪大入試ミス] 過信が対応を遅らせた
( 1/12 付 )

 入試から約1年、あまりにも遅きに失した対応である。
 大阪大が昨年2月に実施した入試で物理の出題と採点にミスがあり、当時不合格とされた受験生30人が新たに追加合格した。
 大学入試で本来の合格者がこれだけ不合格となったのは異例である。受験生の将来に大きな影響を及ぼし大学の責任は極めて重い。あってはならないミスだ。
 大学側は外部からミスの指摘が相次いでいたにもかかわらず、見逃していた。チェック態勢がずさんだったと言わざるを得ない。
 「入試問題を間違うはずがない」との過信があったのではないか。今回の事態を猛省し、原因の徹底究明や再発防止に全力を挙げてほしい。
 物理は工学部や理学部の一部学科などの必須科目で、3850人が試験を受けた。正しい解答が複数あるのに特定の解答のみを正答としていた。次の設問もこの解答を前提にしており、必然的に不適切となった。
 ミスは昨年6月、高校教員らでつくる「物理教育を考える会」のメンバーが指摘し、8月にも予備校講師が同様の指摘を行った。この際は問題作成責任者の理学部教授と副責任者の2人だけで対応し、訂正しなかった。
 ところが昨年12月、再び外部から3回目となる指摘があり、別の教員4人を加えて検討した結果、やっと誤りに気づいた。
 入試問題を巡り、不正や漏えいを防ぐため厳しい管理が必要なことは理解できる。とはいえ、もっと早く学内で情報共有し、調査に動けなかったか悔やまれる。
 大阪大副学長は会見で「(大学の解答例が正しいという)思い込みがあった」と釈明したが、外部の指摘に謙虚であれば、早期の対応ができたはずだ。
 追加合格した人は他の大学に入ったり、浪人して予備校に通ったりしているという。
 大学側は希望者に今年4月の入学を認めるとし、慰謝料などの補償も検討中だ。追加合格者が貴重な1年を失ったことを踏まえ、最大限の誠意を尽くしてほしい。
 文部科学省は今回の事態を受け、全国の国公私立大に合否判定のミス防止を促す通知を出し、作題者以外を含む二重三重の点検など留意点を示している。
 折しも大学入試センター試験が13、14日に行われ、本格的な受験シーズンが幕を開ける。
 入試のミスはどこでも起こり得る。その可能性に備えて、組織的な検証に取り組む態勢を取ることが求められている。すべての大学が肝に銘じるべきだ。