鹿児島県下一周市郡対抗駅伝競走大会

コース見どころ

 選手たちは、5日間で薩摩・大隅路をめぐる53区間584キロを走破する。激しい起伏、急勾配が続く難所、上り坂や強風が吹く海岸線など、さまざまな特徴を持つコース。各チームは、コースと選手との相性や郷土入りの日をにらみながら万全の配置ができるか。チームワークも試されそうだ。各日の見どころを紹介する。


[コース見どころ]第2日 後半が踏ん張りどころ
10区間112.7キロ
 比較的距離が短い5区までの前半は、順位の入れ替わりが多くなりそう。1区11.7キロは、高校生や大学生ら若手が中心。アップダウンが続く2、3区は、タフさが求められ、レース巧者が顔をそろえるだろう。勝負どころは、金山峠を越える6区13.2キロと、大会最長区間の7区15.3キロ。ともにエース級が激しい火花を散らしそうだ。東シナ海の強い潮風が吹く8区も踏ん張りどころ。
トップページへ

総評

出走予定者

日間・総合順位

区間順位

※レース当日の区間、総合順位は、公式記録確定後(午後6時ごろ)に掲載します。

ケータイ用2次元コード

【モバイル速報】2次元コード読み取りに対応しているカメラ付き携帯電話で読みとると、簡単にアクセスできます。