鹿児島県下一周市郡対抗駅伝競走大会

コース見どころ

 選手たちは、5日間で薩摩・大隅路をめぐる53区間584キロを走破する。激しい起伏、急勾配が続く難所、上り坂や強風が吹く海岸線など、さまざまな特徴を持つコース。各チームは、コースと選手との相性や郷土入りの日をにらみながら万全の配置ができるか。チームワークも試されそうだ。各日の見どころを紹介する。


[コース見どころ]第3日 前半は若手の躍動期待
11区間122.6キロ
 起伏やカーブが多く、体力や技術、経験が鍵になりそうだ。1、2区は10キロ未満と短く高校生ら若手が多く起用される。2区は中間点手前の横座トンネル(全長約1.3キロ)を通過後、後半長い下りが続く。3区13.2キロ、5区12.2キロの長丁場は、初日に出走した主力級が再びしのぎを削る。最終11区は15.2キロと距離が長い。下り坂が多く、スピード勝負になり例年順位の変動もよく見られる。
トップページへ

総評

出走予定者

日間・総合順位

区間順位

※レース当日の区間、総合順位は、公式記録確定後(午後6時ごろ)に掲載します。

ケータイ用2次元コード

【モバイル速報】2次元コード読み取りに対応しているカメラ付き携帯電話で読みとると、簡単にアクセスできます。