鹿児島県下一周市郡対抗駅伝競走大会

チーム紹介
[川辺]団結力で3位以上狙う
★「半端ない」走りで 魅せろ川辺魂!
 前回とほぼ変わらない布陣で、高校生からベテランまでバランス良くそろった。絶対的なエースはいないが、抜群のチームワークと総合力で勝負する。総合3位以上にこだわり、好機をつかんでさらに上を狙いたい。郷土入りの初日は、日間優勝を目指す。
 前回8年ぶりに復帰した前迫は、練習量が豊富で、エース区間での奮起に期待がかかる。南日本10キロロード1位のエース田畑は馬力のある走りが持ち味。田代は安定感を増し、どの区間も任せられる。雪丸雄は伸び盛りでスピードもスタミナもある。社会人2年目の大川畑はセンスあふれる走法が魅力。重要区間を任せられる主力に成長した。
 ベテラン勢も健在で、勝負どころに配置したい。25回出場の永田は、我慢強い走りを見せ、チームの信頼も厚い。中木原は起伏に強く、奥薗は駆け引きがうまい。雪丸恭は安定感抜群で精神的な柱だ。主将の小宮は15回出場にかける。
 中堅の石川、躍動感のある走りの山下、チーム2年目の三角も楽しみだ。若手は山崎、坂上、茅野、下前智の出来が浮上の鍵を握る。高校生は海江田や下前拓が走力も精神的にもたくましくなった。初出場の郡山は全国を経験し、荒井、下別府、倉村も力がある。
 モチベーションの維持や競技力向上を狙い、昨年4月から週1回の練習会を重ねてきた。県内外の大会にも出場し、自己新を出すなど自信を深めた。茅野竜生監督は「長い区間では苦戦が予想されるが、地域や職場、家族への感謝を胸に、諦めず“一走懸命”でたすきをつなぎたい」と話す。

トップページへ

総評

出走予定者

日間・総合順位

区間順位

※レース当日の区間、総合順位は、公式記録確定後(午後6時ごろ)に掲載します。

ケータイ用2次元コード

【モバイル速報】2次元コード読み取りに対応しているカメラ付き携帯電話で読みとると、簡単にアクセスできます。