南日本小学生プログラミング大会

 鹿児島県内の小学生を対象にした、プログラミング作品やアイデアを競うコンテストを行います。児童のみなさんの自由な発想・思考による作品をお待ちしています。

◇テーマ
「もっと好きになる わたしたちのまち」

◇題材について
・「わたしたちのまち」のとらえ方
=範囲について、厳密な定義はありません。通っている小学校の校区はもちろん、住んでいる集落・市町村や、島、半島、名所名跡など、扱いたいと思える場所を題材にしてください。鹿児島県全体を「私たちのまち」ととらえても構いません。

・「好きになる」のとらえ方
=さまざまな「好きになり方」があると思います。プログラミング作品でよく扱われる例としては「知る・わかる」「魅力や楽しみを見つける・再発見する、他人に紹介する(シェアする)」があります。題材としては地域の名物、偉人、民話、名所・名跡、特徴ある動物や植物、郷土料理、音楽などが考えられます。「生活上の課題を解決して楽しく暮らせるようになる」など、上記以外の視点・切り口もあると思います。発想は自由です。どんな作品でも歓迎します。

◇問い合わせ
南日本新聞社事業部=099(813)5052(平日10:00~17:00)

応募締切9月30日(水)