武蔵野美術大学名誉教授で二紀会委員の遠藤彰子さんは、「人間の存在」や「生きている実感」をテーマに、現代の叙事詩を描き続けています。その壮大な世界観で、圧倒的な印象を残してきました。
 30年以上にわたって500号(3.3m×2.5m)に挑み、近年は1000号(3.3m×5m)を超える大作に取り組んでいます。うねりのある構図から引き起こされる躍動感やエネルギーの前では、絵の中に迷い込んだかのような不思議な感覚に陥ります。
 精力的な創作と不断の情熱により生み出された迫力ある空間は、具象絵画の新たな可能性を示しました。2007年に芸術選奨文部科学大臣賞(美術部門)を受賞、2014年には女性の画家としては初となる紫綬褒章を受章するなど、輝かしい功績を残しています。
 今回、弊社主催の南日本女流美術展の審査員をお願いしているご縁から、「魂の旅 遠藤彰子展~巨大画に広がる一大叙事詩~」を企画しました。本展では大作群を中心に、飛躍のきっかけとなった「街シリーズ」、初期の「楽園シリーズ」、さらに奄美をテーマにした新作2点を加えた計40点を展示します。
日  程
2020年
3月27日[金] 5月6日[水・振休]
(3月30日、4月6、13、20、27日は休館)
会  場 鹿児島市立美術館
開館時間 午前9時30分~午後6時(入館は午後5時30分まで)
新着情報
2月7日 「遠藤彰子展」の特設ページを公開しました
関連イベント

遠藤彰子ギャラリートーク(作品解説会)

327日[金] 10:00 展示会場
※観覧券が必要です。

遠藤彰子講演会

328日[土] 14:00 鹿児島市中央公民館
425日[土] 14:00 かごしま近代文学館
※事前の申し込みが必要です。

遠藤彰子ワークショップ

329日[日] 14:00 かごしま近代文学館
426日[日] 14:00 かごしま近代文学館
※事前の申し込みが必要です。

学芸員ギャラリートーク(作品解説会)

44日[土]、18日[土] 14:00

講師/ 谷口 雄三 (鹿児島市立美術館学芸係長)

会場/展示会場

※観覧券が必要です。

白鳥五十鈴パフォーマンス

412日[日] 10:00

遠藤作品と白鳥バレエのコラボレーション

会場/展示会場

※事前の申し込みが必要です。

主  催: 鹿児島市立美術館、
南日本新聞社
特別協賛: 光学堂
後  援: 鹿児島県、鹿児島県教育委員会
お問い合わせ : 南日本新聞社 事業部 
TEL.099-813-5053
(10:00~17:00 土日祝休み)