来春へ延期

 「魂の旅 遠藤彰子展」(南日本新聞社・鹿児島市立美術館主催、光学堂特別協賛)は来春に延期することが決まった。新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため。
 遠藤さんは、武蔵野美術大学名誉教授で南日本女流美術展審査員。「人間の存在」をテーマに描く巨大画を中心に、奄美に取材した新作などを、27日~5月6日に展示する予定だった。
 延期する同展は2021年同時期、鹿児島市立美術館で開催する予定。
 前売り券払い戻しに関する問い合わせは南日本新聞社事業部=099(813)5053。