「大恐竜展2019」は、閉幕いたしました。
 たくさんのご来場、誠にありがとうございました。
前文見出し
 恐竜は、約1億6000万年もの間、地球上で君臨した古生物です。恐竜という名前が誕生しておよそ170年。現在でも、恐竜の新発見によって新しい生態が解明され、私たちを魅了しています。
 超肉食恐竜ティラノサウルスの魅力とは?本展は、恐竜の王とも称されるティラノサウルスにスポットを当て、貴重な全身骨格や化石標本、最新のCG映像で起源と進化に迫ります。全長12m、大迫力のティラノサウルス・レックス(愛称:スタン)全身骨格、新しく発表された「ススキティランヌス」全身骨格、モンゴルで発見された「アリオラムス」全身骨格など鹿児島初公開!ご期待ください。

日  程
2019年
713日[土] 825日[日]
休館日/7月16日、22日、25日、29日、8月5日、19日
会  場
鹿児島県歴史資料センター 黎明館
開館時間 9:00~18:00(入場は17:30まで)
SNS

主  催 南日本新聞社
特別協賛 MARUWA
特別協力 群馬県立自然史博物館、薩摩川内市、薩摩川内市教育委員会
協  力 国立科学博物館、熊本大学
学術協力 ミュージアムパーク茨城県自然博物館
後  援 鹿児島県、鹿児島県教育委員会、鹿児島市、鹿児島市教育委員会、鹿児島県保育連合会、鹿児島県私立幼稚園協会
お問い合わせ : 南日本新聞社 事業部 
TEL.099-813-5053
(9:30~17:30 土日祝日は除く)