社告
南日本新聞社が開催するイベントや記事・企画に関するお知らせをご案内します

第37回南日本女流美術展

(2019-04-02)
搬入6月1、2日 鹿児島市の黎明館

◇募集 洋画、日本画、工芸美術の3部門。未発表の自作に限る。1部門につき1人3点以内

◇規格 洋画・日本画=台紙なども含めて30号F(90.9センチ×72.7センチ)以内。額装し、縁幅は6センチ以内。本縁は不可▽工芸美術=壁面を要する作品のサイズ、額装は洋画・日本画に同じ。立体作品は縦180センチ×横90センチ×奥行き90センチ以内

◇搬入 6月1日(土)、6月2日(日)午前10時~午後5時、鹿児島市の黎明館搬入口

◇出品料 1部門につき1点4000円、2点目から3000円。大学生・専門学校生以下は1点2000円

◇審査員 遠藤彰子氏(洋画家・武蔵野美術大学名誉教授)、正村美里氏(岐阜県美術館副館長兼学芸部長)

◇表彰 女流賞(副賞金30万円)、南日本新聞社賞(鹿児島発着JAC往復航空券)、特選、奨励賞、委嘱作家賞など

◇展覧会 6月8日(土)~16日(日)、黎明館 ※8日は午後2時開場

※詳細は必ず実施要項で確認すること。問い合わせは南日本新聞社事業部=099(813)5052

◇協力 日本エアコミューター

主催 南日本新聞社