社告
南日本新聞社が開催するイベントや記事・企画に関するお知らせをご案内します

第77回南日本美術展

(2022-06-21)
◇募集 平面、立体、空間造形の3部門。2021年以降に制作された未発表の自作に限る。1人5点以内
 
◇規格 平面=200センチ×200センチ以内(仮縁含む。絵画サイズは120号Sもしくは130号F以内)▽立体=縦×横×奥行き各200センチ以内▽空間造形=屋内作品は縦×横×奥行き各300センチ以内、屋外作品は各500センチ以内
 
◇搬入 平面・立体=11月10日(木)、11日(金)午前9時半~午後4時、鹿児島市の黎明館。空間造形は別途定める
 
◇出品料 1点につき7000円。大学生・専門学校生以下は3000円
 
◇審査委員 委員長=建畠晢氏(多摩美術大学長)▽委員=五十音順=秋山陽氏(美術家、京都市立芸術大学名誉教授)、池川直氏(日展特別会員、鹿児島大学教授)、絹谷幸二氏(文化勲章受章者、日本芸術院会員、東京芸術大学名誉教授)、西健吉氏(二科会常務理事)、光田由里氏(美術評論家)
 
◇表彰 南日本新聞社賞(副賞金50万円)、JAL賞(ニューヨークまたはパリ往復航空券)、海童賞・部門別優秀賞(副賞金各10万円)、委嘱作家賞(副賞金10万円)ほか
 ※吉井賞(1年間欧州留学)は、新型コロナウイルス感染状況を鑑み選考を休止します
 
◇展覧会 11月19日(土)~12月4日(日)、黎明館と鹿児島市立美術館
 
※詳細は主要画材店などにある開催要項で必ず確認すること。南日本新聞社ホームページからもダウンロード可。問い合わせは南日本新聞社事業部=099(813)5052
 
※新型コロナウイルスの感染状況により変更になる場合があります
 
◇協力 JAL日本航空
 
◇特別協賛 浜田酒造

主催 南日本新聞社