新入社員が語る

Q1南日本新聞社を受けた理由

A.世の中が急速に変化する今、新聞社だからこそ自分が挑戦し成長できるフィールドがあると感じた。また、地域の人々の暮らしに密接に関わる仕事内容にやりがいを感じ志望した。
B.「ものを書く」「地位や立場に関わらず多様な方と話ができる」仕事に就きたいと思い記者を志望した。相手先とつながりの深さを重視し、全国紙でなく、地方紙に興味をもった。数ある地方紙の中で南日本新聞を選んだのは、鹿児島という土地に惹かれたから。自然が豊かな一方災害の危険性もある、中国など海外との距離感も近い、歴史が深いなど、多くの要素を持っている県で魅力的だと思った。
C.もともと報道の仕事に興味があった。中でも、鹿児島は離島も含め多様な風土があり、その多様性を肌で感じ仕事をしたいと思った。また、馬毛島や川内原発などにも関心があったことも理由のひとつだ。
D.放送局で働いていたが「より深く取材をしたい」との思いが強くなり、新聞社を中心に転職活動をした。シェアの高さや県内での影響力などから、南日本新聞でならやりがいを感じながら仕事ができると思った。
E.これまでの活動を振り返ったとき、人と人とがつながる豊かな社会をつくりたいという思いが芽生えた。新聞に載る書道展の入賞者名簿を見て、離れて暮らす祖父母がいつも喜んでくれた体験があり、新聞には人と人とをつなぐ力があると実感していた。また、文章を扱う仕事をしたいという思いもあった。
F.新聞社志望であったことと、出身地である鹿児島のために働きたいと思ったから。地方紙である南日本新聞には地域に住む人々の細やかな営みが綴られている。速報性の高いニュースだけでなく、人と人を繋ぐほのぼのした場となっていることも魅力だと感じた。

Q2南日本新聞社を知るために行なったこと

A.会社ホームページの社員の紹介を見て会社の雰囲気や働き方をイメージした。また、身近な方に新聞がどんな存在かを聞くなど、できるだけ幅広い視点を持つようにした。
B.鹿児島県外在住だったので、電子版に登録し紙面を日々チェックした。購読していた地元紙や全国紙に載っていない「鹿児島独自」の話題に触れることで、鹿児島県民の関心事をしっかり把握するよう注力した。
C.南日本新聞に目を通すようにしていた。東京在住だったので国会図書館や都立図書館を利用した。あわせて、ホームページをチェックしていた。就活生の知りたい内容がコンパクトにまとまっていると感じた。
D.鹿児島とは縁がなかったので、ガイドブックなどを通し鹿児島への興味を深めることから始めた。また、電子版の記事や社説に目を通して「新型コロナ」「原発」「憲法」などのトピックごとにどのような論調で扱っているかを注目した。
E.ウエブでの会社説明会に参加した。県外の大学に通っていたので、オンライン開催は助かった。また、メディアやマスコミ業界を志望する友人と定期的に情報交換を行っていた。
F.実家で南日本新聞を購読していたこともあり、幼いころから目にしていた。大学は県外だったため電子版で購読した。全国紙や他の地方紙にも目を通すことで違いを見つけるようにしていた。また、会社説明会に参加して直接気になったことを質問するように心掛けた。

Q3試験対策

A.今後、新聞社がどんな役割を担っていくべきか、また自分がどんなことに挑戦したいかを明確に説明できるようにした。喫緊の課題であるデジタル化などについても、常にアンテナを張りながら見識を広げ自分なりの考えをまとめるようにした。
B.面接では、質問にいかに簡潔に回答をするかを意識した。ただし、あまり短くしすぎると単調になるので、アピールしたいエッセンスを回答に埋め込むようにした。このような回答はすぐに頭に思い浮かばないので、回答例をある程度頭に入れておくようにした。
C.筆記試験に関しては、過去問が公開されていたので非常に参考になった。試しに解いてみて、どこを重点的に勉強するかを決めた。作文については、予定稿を練るなど、準備をしっかりした。全体を通して、鹿児島に関するニュースにはしっかりアンテナを張るようにしていた。
D.作文対策では、友人にランダムでお題を出してもらい、一瞬で文章構成を考える訓練を続けた。どのようなお題にも対応できるよう、ニュースだけでなく、ドラマやスポーツなど幅広く情報に触れるようにした。
E.実家に届く新聞を郵送してもらった。興味のある記事と、自分の興味範囲の外にある記事を選び、自分のアンテナを増やすよう心がけた。
F.とにかく新聞に目を通すようにした。スクラップブックをつくり、気になった記事や心に残った記事を切り取り、「どう感じたか」など自分の感想を付け加える作業を毎日行うようにしていた。

Q4面接でアピールしたこと

A.何にでも興味を持ち能動的に知識やスキルを習得できる姿勢をアピールした。一方で、背伸びせずに等身大の自分を素直に伝えることを何より大切にした。
B.今の自分自身の性格や特徴、経験をいかに正確に伝えきるかに専念した。良く見せたいと誇張しても入社後に苦しむのは自分自身。ありのままの自分を伝えることで、会社とのミスマッチも防ぐことができると考えた。
C.社会人経験があったので、前職でやったことをしっかり話した。また、自分のやりたい分野への興味関心が伝わるように努めた。そして、自然な会話になるように、準備してきたことに頼りすぎずに話すことも意識した。
D.前職での経験や実績をアピールした。数字など無機質なデータを示すだけでなく、問題解決の過程と根拠を示し、面接官を納得させることを心がけた。また「なぜ新聞なのか」「なぜ鹿児島なのか」を自分の言葉で答えられるようにした。きちんと答えられれば、県外出身だからと不利になることはないと感じた。
E.正直に、誠実に、笑顔で、ありのままの姿勢で臨んだ。質問の意図を瞬時に考え、相手の立場になって受け答えすることを心がけた。面接用の原稿は一切つくらなかった。
F.幼い頃からの夢だった新聞業界への熱い思いを伝えられるよう心掛けた。明るく元気にハキハキと受け答えるようにし、正直に自分の言葉で伝えるよう気をつけた。

Q5南日本新聞社を検討している学生へ一言

A.就職活動中は悩みや迷いが尽きません。仕事内容や待遇面など人それぞれに大切にしている軸があると思いますが、南日本新聞社は間違いなくやりがいを持って働くことができる会社です。みなさんが最後まで納得のいく答えを考え抜き、後悔のない選択ができるように応援しています。
B.県外出身の私にとって、鹿児島での生活はいろいろと発見があります。人の空気感があたたかいほか、食文化、言葉遣いなど日々新鮮な思いになります。県外の方も社内には多く、丁寧に指導をしてくれる先輩が大勢います。ぜひ一緒に働きましょう。
C.取材をしていると、「いつも読んでいるよ」などと声をかけてくれる読者と出会います。また、「取材してくれてありがとう」と感謝されることもあります。読者、県民からのこうした声は本当に貴重です。関東出身の私にとっては地方紙の浸透度を感じる瞬間でもあります。すばらしい環境に甘えず、鹿児島をよりよくしようと思っている人はぜひ受験してください。
D.新聞社の就活というと試験が難しく高倍率だと、尻込みしてしまう人も多いようです。もったいないです。きちんと対策すれば入社できます。自分の思いを面接官にぶつけてみてください。
E.ネットの情報や確からしいものに惑わされず、自分を最大限魅力的にみせるにはどうしたらいいか、自分軸で考えてほしいと思います。そうした心がけが、きっと会社に入ってからも役に立つはずです。そして、今この文章を読んでくださっているあなたへ、友人や家族から「あなたは変わっている」なんて言われた経験がありますか?きっと、あなたが持つ視点や独特の感性が、財産です。その可能性を自分次第で生かせる場所が、ここにはあります。ぜひ、自信を持って、トライしてみてください。あなたの踏み出す一歩を応援しています。
F.昨今、新聞業界は斜陽産業と言われることもあります。ですが、このコロナ禍で「信頼できるメディア」として新聞が再評価されていることを感じます。大変なこともありますが、人々の日常を記録していく毎日にとてもやりがいがあります。検討されている方、ぜひとも受験をおすすめします。情報を通して、一緒に鹿児島を盛り上げていきましょう!