奄美・沖縄 世界自然遺産

1.アマミノクロウサギ、2.アマミエビネ、3.コゴメキノエラン、4.アマミイシカワガエル、5.ケナガネズミ、6.オオトラツグミ、7.ルリカケス、8.アマミセイシカ
 2021/10/01 16:10

豊かな自然が育んだ島の文化紹介 「ほこらしゃ奄美」開幕 鹿児島市・黎明館

スブネ(丸木船)や漁具などの展示物に見入る来場者=1日、鹿児島市の黎明館
スブネ(丸木船)や漁具などの展示物に見入る来場者=1日、鹿児島市の黎明館
 第60回記念黎明館企画特別展「ほこらしゃ奄美」(同館、南日本新聞社など主催)が1日、鹿児島市の同館で始まった。「海と山の織りなすシマの世界」と銘打ち、豊かな自然の中で育まれた群島の文化を紹介する。11月7日まで、月曜休館。

 「ほこらしゃ」は奄美大島の方言で「誇らしい」「すばらしい」を表す。会場はノロに代表される民間信仰、琉球や南九州との関わりなど四つのテーマで構成。田中一村の絵画やサトウキビ専売にまつわる文書、漁業の道具など220点を展示し、独特な歴史と人々の営みを読み解く。

 会場には奄美の民謡が流れ、音声ガイド(500円で貸し出し)でも聞くことができる。小野恭一学芸員(37)は「奄美の奥深い文化や、面白さを知ってほしい」と話した。

 一般800円、高大生500円、中学生以下・障害者無料。黎明館=099(222)5100

サトウキビを搾るサタグルマなど黒砂糖作りに使用する道具
サトウキビを搾るサタグルマなど黒砂糖作りに使用する道具

女性祭祀(さいし)者・ノロが着用した衣装などが展示される会場
女性祭祀(さいし)者・ノロが着用した衣装などが展示される会場
〔奄美 世界自然遺産〕最新ニュース
 ブラジル鹿児島県人会は「奄美郷土料理祭り」を同国サンパウロ市で開き、「奄美・沖縄」の世界自然遺産登録と鹿児島の茶産出額…
11月15日 21:20

 奄美大島の希少野生生物の夜間観察スポットになっている奄美市住用の市道・三太郎線で、通行車両の台数規制が始まった。世界自…
10月30日 09:45

 鹿児島-奄美・沖縄航路のマリックスライン(鹿児島市)の女性社員が、11月20日の新造船「クイーンコーラルクロス」就航を…
10月26日 11:00

 世界自然遺産に登録された奄美大島と徳之島をPRしようと、鹿児島県旅客船協会(有村和晃会長)は25日から、両島の自然や文…
10月24日 12:40

 奄美市は15日、市内の山中で、絶滅危惧種の植物ダイサギソウとモダマがなくなっているのが見つかったと発表した。いずれも奄…
10月16日 08:32

広告