奄美・沖縄 世界自然遺産

1.アマミノクロウサギ、2.アマミエビネ、3.コゴメキノエラン、4.アマミイシカワガエル、5.ケナガネズミ、6.オオトラツグミ、7.ルリカケス、8.アマミセイシカ
 2021/10/30 09:45

世界遺産の島の自然守れ 奄美市・三太郎線で車両規制スタート 通れるのは1時間4台まで

車両規制が始まり、事前予約の状況を確認する環境省職員=29日午後6時半ごろ、奄美市住用
車両規制が始まり、事前予約の状況を確認する環境省職員=29日午後6時半ごろ、奄美市住用
 奄美大島の希少野生生物の夜間観察スポットになっている奄美市住用の市道・三太郎線で、通行車両の台数規制が始まった。世界自然遺産登録後の観光客増加を見据え、混雑を防いで生態系を保全するのが目的。夜間観察での公道規制は全国初という。

 三太郎線は延長約12キロの旧国道。頻繁に出没する国指定特別天然記念物のアマミノクロウサギ目当ての車が増え、希少生物の交通事故が相次ぐ。このため環境省や県、市などは車両のルールを策定した。日没から夜明けまで、1時間当たりの通行を事前予約の4台に制限。ガイドの同行と時速10キロ以下の走行を求めている。

 初日は職員が2カ所で事前予約の有無を確認した。親子で訪れた愛知県刈谷市の大学生正木梨乃夏さん(21)は「8匹のアマミノクロウサギをじっくり観察できた。多くの生き物を守るために規制は必要と思う」と話した。

 予約はウェブサイトhttps://coubic.com/santaroで受け付ける。

観光客に人気のアマミノクロウサギ
観光客に人気のアマミノクロウサギ

〔奄美 世界自然遺産〕最新ニュース
 奄美大島に自生する植物「サクライソウ」が本土とは異なる新種と分かった。岐阜大学の高橋弘名誉教授(75)=植物分類学=ら…
1月15日 10:00

 2021年、南日本新聞の社会面で注目された鹿児島県内のニュースを、取材ノートを基に振り返る。■■■ 「奄美大島、徳之島…
12月27日 20:30

 環境省は23日、天城町与名間の林道で、国指定天然記念物トクノシマトゲネズミ7匹の死骸が見つかったと発表した。放し飼いの…
12月24日 11:10

 ブラジル鹿児島県人会は「奄美郷土料理祭り」を同国サンパウロ市で開き、「奄美・沖縄」の世界自然遺産登録と鹿児島の茶産出額…
11月15日 21:20

 奄美大島の希少野生生物の夜間観察スポットになっている奄美市住用の市道・三太郎線で、通行車両の台数規制が始まった。世界自…
10月30日 09:45

広告