奄美・沖縄 世界自然遺産

1.アマミノクロウサギ、2.アマミエビネ、3.コゴメキノエラン、4.アマミイシカワガエル、5.ケナガネズミ、6.オオトラツグミ、7.ルリカケス、8.アマミセイシカ
 2022/08/08 08:39

蜜出さない花とハチの「密」な関係 奄美大島の固有種「アマミエビネ」 受粉・繁殖の生態解明 熊本大准教授、7年の研究成果

アマミエビネの花弁に口先を差し込むオキナワヒゲナガハナバチ(杉浦直人准教授提供)
アマミエビネの花弁に口先を差し込むオキナワヒゲナガハナバチ(杉浦直人准教授提供)
 絶滅危惧種で奄美大島の固有種「アマミエビネ」がオキナワヒゲナガハナバチの働きで受粉し、繁殖する生態が明らかになった。熊本大学大学院先端科学研究部の杉浦直人准教授(受粉生態学)が発表した。

 杉浦准教授は2021年3月までの7年間、奄美大島で野外調査した。アマミエビネが蜜を出さないにも関わらず、昆虫に花粉を運んでもらう「虫媒花」と確認。ハチが花弁の管状部に口先を差し込む際、顔に花粉の塊を付け、別のアマミエビネのめしべ柱頭に触れることで受粉すると突き止めた。

 ハチはアマミエビネが生息する森の地面に穴を掘り、巣を作ることも確かめた。森に蜜源となる植物がないため、近くの道路などに生える花の蜜を餌にしていた。

 このハチが多い年ほどアマミエビネも実を結ぶ傾向があり、杉浦准教授は「森だけでなく、餌場となる近辺の環境を守ることが、アマミエビネの保全につながる」と話した。

 アマミエビネはラン科で暗い森の地面に生える。高さ25~50センチの茎に白やピンクなど直径2.5センチほどの花を付ける。

花粉の塊を顔に付けるオキナワヒゲナガハナバチ(杉浦直人准教授提供)
花粉の塊を顔に付けるオキナワヒゲナガハナバチ(杉浦直人准教授提供)

奄美大島の森に生えるアマミエビネ(杉浦直人准教授提供)
奄美大島の森に生えるアマミエビネ(杉浦直人准教授提供)
〔奄美 世界自然遺産〕最新ニュース
 環境省は15日、世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島と徳之島にのみ生息する国指定特別天然記念物アマミノクロウサギ…
9月16日 08:25

 奄美群島振興開発特別措置法(奄振法)は2023年度末に期限が切れる。同法の政策効果や問題点を調査する国の審議会委員とな…
9月5日 08:30

 鹿児島県奄美市の大島高校3年生3人は、探究学習「日焼け止め成分によるサンゴの白化現象の研究」の成果を、瀬戸内町であった…
8月11日 21:30

 絶滅危惧種で奄美大島の固有種「アマミエビネ」がオキナワヒゲナガハナバチの働きで受粉し、繁殖する生態が明らかになった。熊…
8月8日 08:39

 「ほらあそこ。5匹もいる」。鹿児島県徳之島町轟木を車で走っていると、認定エコツアーガイド美延優志さん(31)が道路脇を…
8月3日 11:08