奄美・沖縄 世界自然遺産

1.アマミノクロウサギ、2.アマミエビネ、3.コゴメキノエラン、4.アマミイシカワガエル、5.ケナガネズミ、6.オオトラツグミ、7.ルリカケス、8.アマミセイシカ
 2022/11/25 21:03

最高峰から「世界遺産の森」一望 奄美大島・湯湾岳に展望台完成 希少・固有種保護で山頂は立ち入り規制

展望台の下に広がる亜熱帯照葉樹林=25日、大和村名音
展望台の下に広がる亜熱帯照葉樹林=25日、大和村名音
 環境省が鹿児島県奄美大島の大和村と宇検村にまたがる湯湾岳(標高694メートル)の山頂手前に整備した展望台が24日、オープンした。関係者による式典があり、「奄美・沖縄」世界自然遺産登録地で、亜熱帯照葉樹林が広がる最高峰からの風景を堪能した。

 山頂と大和村側の登山道の間にあるほこらの広場に整備した。木造で高さ5.52メートル。

 同省は同日、希少・固有な動植物が多い山頂を保護するため、付近の山道約250メートルの立ち入り規制を始めた。展望台は、眺望を確保し山頂まで行かなくても、最終目的地として訪れる人が満足できるよう整備した。事業費は4500万円。

 同省奄美群島国立公園管理事務所の阿部愼太郎所長は「山頂付近は奄美の多様性の象徴で、かつ神聖視される場所でもある。保護と利用の両立をうまく図っていきたい」と話した。

【パノラマ写真】展望台の下に広がる亜熱帯照葉樹林とほこらの広場=25日、大和村名音
【パノラマ写真】展望台の下に広がる亜熱帯照葉樹林とほこらの広場=25日、大和村名音

テープカットで展望台のオープンを祝う関係者=25日、大和村名音
テープカットで展望台のオープンを祝う関係者=25日、大和村名音
〔奄美 世界自然遺産〕最新ニュース
 鹿児島県徳之島で13~15日、国指定特別天然記念物アマミノクロウサギなどを観察する夜の散歩「ナイトハイク」があった。世…
1月20日 15:30

 日本の世界自然遺産地域や周辺地域の22市町村が18日、連携を深めるための「世界自然遺産5地域会議」を設立した。2025…
1月20日 14:41

 奄美大島に生息する国指定特別天然記念物アマミノクロウサギの生息域が拡大し、島の南北に分断していた個体群がつながりつつあ…
1月2日 08:34

 環境省は19日、夜間通行を事前予約した車両のみに規制している鹿児島県奄美市住用の市道・三太郎線の運用状況を報告した。規…
12月20日 10:15

 環境省は16日、鹿児島県の奄美大島と徳之島に生息する国指定特別天然記念物アマミノクロウサギの2021年時点の生息数を推…
12月17日 10:04