グッジョブかごしま

ジョブサポ便り

ヤングハローワークかごしまの西山元子さんのコラム。企業選びのこつや自身のアピール法などをアドバイスします。

変化への対応力養おう

(2019-02-05)
 モノが不足していた時代はモノを作れば売れ、メーカー側がマーケットの主導権を握ることが可能でした。モノや情報があふれる今、マーケットの主導権はユーザー(利用者)に移行しています。企業はユーザーや消費者に選ばれる立場にあり、この傾向は今後強まると予想されます。そうなると、何を望んでいるか、困っていることは何か、などユーザー視点から本質的な問題を考え、選ばれなくてはなりません。
 今はマーケットの大変革期と言えます。そこで社会人だけでなく、学生にも役立つのが「デザイン思考」です。(1)共感(ユーザーを観察分析し価値観の理解)→(2)問題定義(観察したことからユーザーすら自覚していないような解決すべき課題を定義)→(3)創造(考え得るさまざまなアイデア創出)→(4)プロトタイピング(アイデアを可視化するために試作し、新たな気付きや見直しをする)→(5)検証(実際にユーザーに利用してもらい、確認改善する)という五つのプロセスで展開させる考え方です。
 現在、ユーザー側に立つ場面が多い学生は、どうやったら快適に物事が進むか考えるケースも多いはず。教育現場で導入されているアクティブラーニングは、日常的にこのプロセスで考える機会とも言えますね。まずは「やってみる」という姿勢で周囲とのコミュニケーションを増やし、時代の変化に対応できる力を養いましょう。
[記事一覧]
変化への対応力養おう
2019/02/05 本紙掲載
2019/01/15 本紙掲載
2018/12/18 本紙掲載
2018/12/04 本紙掲載
2018/11/20 本紙掲載
2018/11/06 本紙掲載
2018/10/16 本紙掲載
2018/10/02 本紙掲載
2018/09/18 本紙掲載
2018/09/04 本紙掲載
2018/08/21 本紙掲載
2018/08/07 本紙掲載
[過去の記事一覧]
自分と向き合う機会を
2018/07/17 本紙掲載
働く力測る 国語、数学
2018/07/03 本紙掲載
エピソードは質が重要
2018/06/19 本紙掲載
働く目的、自分の言葉で
2018/06/05 本紙掲載
売り手市場の真の意味
2018/05/15 本紙掲載
地元の今後に目向けて
2018/05/01 本紙掲載
なぜこの仕事か明確に
2018/04/17 本紙掲載
企業との接点伝えよう
2018/04/03 本紙掲載
働く意義を考えよう
2018/03/20 本紙掲載
「3C」考え企業分析を
2018/03/06 本紙掲載
事前に質問まとめよう
2018/02/20 本紙掲載
学外での経験増やそう
2018/02/06 本紙掲載
意識的に見識深めよう
2018/01/16 本紙掲載
譲れないことを明確に
2017/12/19 本紙掲載
ESは行動特性示そう
2017/12/05 本紙掲載
「働きやすさ」を調べて
2017/11/21 本紙掲載
やることの一覧作ろう
2017/11/07 本紙掲載
中小企業の魅力知って
2017/10/17 本紙掲載
展示会参加チャンスに
2017/10/03 本紙掲載
企業の目標に共感して
2017/09/19 本紙掲載
何事にもチャレンジを
2017/09/05 本紙掲載
自分知り脱ミスマッチ
2017/08/15 本紙掲載
過去学び未来考えよう
2017/08/01 本紙掲載
地場産業に目を向けて
2017/07/04 本紙掲載
主体性持ち取り組んで
2017/06/20 本紙掲載
「情報の宝庫」活用して
2017/06/06 本紙掲載
社員の生の声を聞こう
2017/05/16 本紙掲載
自分の行動掘り下げて
2017/05/02 本紙掲載
「知りたい」に応えよう
2017/04/18 本紙掲載
「入社後」イメージして
2017/04/04 本紙掲載
(過去の記事は南日本新聞モバイルサイトでご覧になれます)